2013年09月26日

iphoneアプリで緑内障の点眼をサポートできるようになりました

緑内障の点眼治療をサポートするためのiphoneアプリ『Happy eye』がApp Storeで配信されています。
私もダウンロードしてみましたが、次回診察や検査の予定も管理できて、なんと緑内障の見え方も体験できます(ちょっと怖くなってしまいました)
緑内障点眼をされている方だけでなく、他の点眼液の管理もできそうなのでおすすめのアプリです!

投稿:岡松



ファイザー.jpg
posted by 岡眼科 at 09:58| 接客・受付

2013年09月24日

レーザー室の温湿度を診察室で管理できるようになりました

レーシックやLenSxのレーザー機器は24時間温湿度管理が必要です。
今までは定期的にパソコンに取り込んで確認していましたが、今回設置した温湿度計は子機をレーザー室に設置しておけば自動的に診察室に設置した親機にデーターが自動送信されてきますので、診察室でレーザー室の温湿度管理ができるようになりました。

受付:帆足


温湿度計.jpg
posted by 岡眼科 at 09:58| 院内の安全管理

2013年09月13日

デュアル光学台を導入しました

デュアル光学台という検査機器が2台搭載することのできる電動光学台を導入しました。

今まで眼圧と屈折度数を測定する器械は別々の光学台に設置されており、両方を測定する際にはイスの移動が必要でした。

デュアル光学台に変更したことによりイスに座ったまま向きだけ変えてもらえれば移動の 必要なく、眼圧・屈折度数の測定がスムーズに行えるようになりました。

立ったり座ったりの動作が無くなる為転倒防止にもなり、足の不自由の患者様やご年配の患者様にも安心して検査をさせて頂くことができます。

全ての患者様により安全に正確な検査をさせて頂けるよう、今後も努めて行きたいと思います。


検査:田代


写真.JPG


posted by 岡眼科 at 09:58| 院内の安全管理

2013年09月11日

新しい消毒液『Etak』を導入しました

Etakの最大の特徴は「効果の持続性」です。病原微生物(インフルエンザ、アデノ、ノロウイルス、MRSA、大腸菌など)を持続的にシャットアウトし、洗っても落ちない抗菌・抗ウイルスバリアを作ります。
以前は手術室の機械や手術台、ワゴン、壁等の消毒はアルコールで行っていましたが、現在はEtakを用いて消毒し清潔な環境を維持しています。
このEtakは平成25年度文部科学大臣表彰(科学技術賞 開発部門)を受賞している優れものです!

Etakについて詳しくはこちらから→http://etak.jp

岡眼科はこれからも患者様に安心して手術を受けて頂けるよう、感染予防の徹底に取り組んでいきます。


看護師:岡


イータック.jpg


posted by 岡眼科 at 12:36| 院内の安全管理

2013年09月06日

滲出性加齢黄斑変性症の資料を新しく導入しました

滲出性加齢黄斑変性症について、今まではパンフレットで患者様にご説明しておりましたが、新しく資料を導入し病気についてよりわかりやすくご説明できるようになりました。

滲出性加齢黄斑変性症とは直線のものが歪んで見えたり、見たいところが暗く見えづらくなる病気です。

今回新しく導入した資料では滲出性加齢黄斑変性症での見え方をノブを回して体験できるようになっています。

その他にもワンポイント解説や患者さんにお渡しできるチェックシートなどもございます。

中待ち合いのテーブルに模型を置いていますので是非一度体験してみてください。


診察室介助:山本


黄斑.jpg

黄斑1.jpg


posted by 岡眼科 at 12:36| 診療部門

2013年09月01日

診察室にモニターを増設しました

診察中にドクターが使用しているモニターの上に医療秘書(シュライバー)が入力する画面をドクターがすぐに見ることができるように
モニターを増設し、患者様への説明内容や薬処方などの確認が容易になりました。

今までは診察終了後、ドクターがカルテを閉じてから医療秘書(シュライバー)がカルテ内容を確認をしてお会計を出していましたが、診察中にカルテ内容の確認ができるようになり、会計を出すまでの時間短縮に繋がりました。

もっとスムーズに診察ができ、患者様の待ち時間が少しでも短縮できるように努めていきたいと思います。


受付:宮野


モニター.jpg


posted by 岡眼科 at 12:36| 診療部門