2016年09月15日

診察室のキーボードとマウスが変わりました

岡眼科では電子カルテを使用している為、カルテは全てキーボードを打って入力します。
先生方は毎日大勢の患者様のカルテを入力しなければならないので、小さな負担も蓄積されて大きくなってしまいます。

今回、先生方の手首への負担を減らす為、診察室のキーボードを特殊な形状の物に(併せてマウスも)変更しました。
さらにワイヤレスにもなった為、デスク周りがスッキリ掃除もしやすくなりました。

KIMG0164.JPG

介助:永芳

 

 

posted by 岡眼科 at 18:54| 診療部門

2014年03月03日

術後の患者様の来院時間について

岡眼科では患者様に次回検診の目安日を紙に書いてお渡ししています。
手術翌日の方の多くの次回検診は1週間目検診です。今までは日付のみを明記し、時間帯は口頭でご案内していましたが、混み合う時間帯に来られる患者様が増えつつあります。
術後は感染対策の為、人の集まる場所を避けていただく必要がありますので、できましたら待ち時間の少ない時間帯に来院していただきたいと思います。
そこで1週間目検診の日付に加え、時間帯まで明記することにしました。
感染対策のため患者様ご自身にも生活制限を頑張って頂いています。1週間目検診の予定日にご都合の悪い患者様は日付は前後して構いませんので、少しでも感染リスクが減る時間帯に来院頂きたいと思います。


診察介助:奥迫


NCM_0129.jpg
posted by 岡眼科 at 21:59| 診療部門

2013年09月06日

滲出性加齢黄斑変性症の資料を新しく導入しました

滲出性加齢黄斑変性症について、今まではパンフレットで患者様にご説明しておりましたが、新しく資料を導入し病気についてよりわかりやすくご説明できるようになりました。

滲出性加齢黄斑変性症とは直線のものが歪んで見えたり、見たいところが暗く見えづらくなる病気です。

今回新しく導入した資料では滲出性加齢黄斑変性症での見え方をノブを回して体験できるようになっています。

その他にもワンポイント解説や患者さんにお渡しできるチェックシートなどもございます。

中待ち合いのテーブルに模型を置いていますので是非一度体験してみてください。


診察室介助:山本


黄斑.jpg

黄斑1.jpg


posted by 岡眼科 at 12:36| 診療部門

2013年09月01日

診察室にモニターを増設しました

診察中にドクターが使用しているモニターの上に医療秘書(シュライバー)が入力する画面をドクターがすぐに見ることができるように
モニターを増設し、患者様への説明内容や薬処方などの確認が容易になりました。

今までは診察終了後、ドクターがカルテを閉じてから医療秘書(シュライバー)がカルテ内容を確認をしてお会計を出していましたが、診察中にカルテ内容の確認ができるようになり、会計を出すまでの時間短縮に繋がりました。

もっとスムーズに診察ができ、患者様の待ち時間が少しでも短縮できるように努めていきたいと思います。


受付:宮野


モニター.jpg


posted by 岡眼科 at 12:36| 診療部門

2013年06月03日

緑内障のパンフレットが増えました

患者様にお渡しする緑内障の版フレットは何種類かありますが、先日緑内障の勉強会で紹介された新しいパンフレットも使用することになりました。
このパンフレットは1枚ずつ切って渡せるようになっていて、患者様からよくある質問へすぐお答えできるようになっています。
患者様一人一人の症状にあったパンフレットをお渡しすることで、病気に関する理解を深めていただけたらと思います。

診察介助:山本



緑内障パンフ2.jpg

posted by 岡眼科 at 10:47| 診療部門

2013年05月31日

人員配置表が新しくなりました

院長診察室の後ろにあるホワイトボードにはその日の人員配置やトイレ掃除係がわかるようにスタッフの名前のマグネットを貼っています。

これは全員が毎朝確認するものです。今回特別診察予約、特別手術日の予約人数、勉強会の日程を記載する欄を追加しました。

これで全員がさらに予約状況を把握しやすくなり、勉強会の予習もしやすくなりました。

診察介助:奥迫


IMG_5664.jpg









posted by 岡眼科 at 17:18| 診療部門

2013年04月25日

チェックイン漏れを防ぐために

先日インシデントでチェックイン漏れがおこりました。
今までは患者様から診察券をお預かりして、チェックイン(登録)待ちとチェックイン済みの診察券の場所を横にしていましたので、
置く場所を間違えてしまいました。
そのためチェックイン待ちとチェックイン済みの診察券の保管場所を離れた場所に変更し、
チェックイン後カルテを出すと同時にチェックイン済みの診察券も一緒の場所に置けるようにした為、
少しでもチェックイン漏れを防げるように改善しました。



受付主任 帆足
posted by 岡眼科 at 17:18| 診療部門

2013年01月23日

細隙灯顕微鏡に20度接眼レンズアダプターを取り付けました


眼科診療で一番使用される重要な機器の一つに細隙灯顕微鏡(スリットランプ)があります。
診察の際に医師と患者様の間に横から引っ張り出され、顎台にお顔を乗せていただき、医師が顕微鏡で覗く…というあの機械です。

角膜、結膜、前房、虹彩、水晶体、硝子体、眼底など眼球の各組織を詳しく検査でき、眼に入った異物を除去する際にも必要不可欠な機器です。

実はこの顕微鏡、覗く際に首を上げるきつい姿勢を強いられます。
1日に数十人もの患者様の診察をする医師の首には大きな負担がかかっていました。
そこで今回、診察室の細隙灯顕微鏡(スリット)に20度角アダプターを取り付けてみました。
このアダプターを取り付けることにより、医師は首に負担のかからない姿勢をとることができるようにまりました。
私も実際に試してみましたが、その効果は絶大でとても楽に顕微鏡をみることができました!
首の負担が軽減され、眼科医の職業病でもある頸椎症の予防になると思います。

投稿:診察介助奥迫

IMG_20130131_172641.jpg

 

 

posted by 岡眼科 at 17:18| 診療部門

2012年10月01日

白内障手術の眼内レンズ比較表を作成しました

岡眼科では白内障手術で使用する眼内レンズが数種類あります。 そのレンズの機能や特徴をわかりやすく比較できるように特製の表を作成しました。 また従来の切開方法以外に新しく導入したメスを使わないフェムトレーザー切開手術も選択できるようになりました。 手術説明時にご不明な点がございましたらなんでもお尋ね下さい。 投稿:手術担当 吉住

 

 

posted by 岡眼科 at 17:14| 診療部門

2012年09月10日

手術説明用パソコンを増設しました

現在岡眼科ではWindowsパソコン2台、Macintosh1台を使い手術を受けられる患者様に、手術についてわかりやすくスライドやDVD動画を使い説明をしていますが、
最近では手術希望の患者様が多く説明をお待たせすることがありましたので、パソコン増設し同時に手術説明をできる環境を整えました。
手術の種類が多岐にわたっていますので、色々な手術について私たち自身がもっと知識を深めてより良い説明ができるよう努めてまいります。



投稿:看護師 中山

 

 

posted by 岡眼科 at 17:14| 診療部門